林修の嫁の学歴や年齢!病院勤めの美女医で子供もいる?(画像有り)

林修の嫁の学歴や年齢が判明!病院勤めで研究員の美女医で子供もいる?(嫁の画像有り)話題の林修の嫁・裕子さんについての学歴や年齢・病院などのプロフィールをまとめてみました。すごい美女医で子供もいるのか?林修のプライベートをこっそりのぞいてみましょう!!

林修の嫁の年齢が判明!12歳下の美人妻

林修さんは、ここ近年テレビで引っ張りだこで、見ない日がありません。世間は、もちろん林修さんのプライベートにも興味がわくかと思います。そんな中、結婚していることを明らかにすると林修さんの嫁についても気になりますよね!
林修さんが惚れ込んでしまった方って、どんな方でしょ?
なんと林修さんより12歳も年下で顔立ちもよい美人な方だということが分かりました!(2000年当時林修さんの年齢は34歳なので大学卒業してるかしてないかくらい)

若い奥さんがいてうらやましいですよね。名前は、裕子さんというそうです
また、情熱大陸で林修さんの特集が組まれたとき、林修さんが、「今まであってきた女性の中で、奥様が一番優秀な女性だ」というくらいの絶賛ぶり!
優秀?ってことは頭が偉いってこと?
さて次は嫁・裕子さんの学歴にクローズアップしてみましょう!

林修の嫁は学歴がすごい!有名大学の医学卒業生!

林修さんの嫁・裕子さんの学歴にはやっぱりすごさを感じます。公立大学の難関・名古屋市立大学の医学部!
全国的に見ても偏差値が高く、医術ともなると、また格段に入るのが難しいでしょう!
大学時代はどんな感じで過ごされていたのでしょうね?
でも、何を目指して医者の道に進んだの?少し気になります。
卒業後って何の科目の先生になったのか、次は裕子さんの進んだ道についてみていきましょう!

林修の嫁は病院勤めで今でも母校で研究員?

裕子さんは、産婦人科という道を進んだようです。
ネット上や噂の中ではJA三重厚生連の【三重北医療センター いなべ総合病院】に勤務しているようなことが言われていますが、2017年時点では公式ホームページには紹介されておらず、今、現在ももちろんのごとく載っていないので、同病院から退院されたということが分かります。
また、2017年には母校である名古屋市立大学に戻り、大学院の研究所【医学研究科 産婦人科研究グループ】のスタッフとして所属しているそうです。専攻は遺伝みたいです。

どんな研究をなされているかというと胎児の異常や子宮・卵巣などの各症状についてを日々研究しているそうです。
対象者としては【遺伝性疾患・先天異常】の患者を【羊水検査・画像検査】などを行い、出生前にかかわる診断や遺伝についてのカウンセリングや情報提供などを行っているとのことです。

裕子さんは相当優秀で賢い方なのかということが読んでいただければわかるかと存じます。すごい!医大生時代からすごかったかもしれません。

それにしても夫婦そろっての有名公立大学卒という優秀さには驚きも隠せません。
そんな裕子さんをどうやって射止めたかきになりませんか?次は林修さんとのなれそめについてみていきましょう!

林修と嫁の馴れ初めってなぁに?気になる出会いを調査!

林修さんはどうやって裕子さんを嫁として娶ったのか?馴れ初めについてみていきましょう!
お気づきかもしれませんが、まず考えられるのが『教師と生徒』という関係。
これには、程遠い可能性があります。
もし仮に、これがきっかけなら裕子さんが尾林修さんの進学塾に通っているのであるならば、高校3年の時にはもうすでに恋仲になっているはず。
4年もしっかりお付き合いしているのであるならば結婚も裕子さんの在学中にしていてもおかしくないと思います。
某番組内では『教師と生徒』の関係を突っ込まれたときにはきっぱり林修さんの口から否定をする。
その話の中で、夫婦間の中では絶対に公言をしないと約束をしているので、そのことについては誰もこの先知ることはないでしょう。
でも、気になるのが普通の心理ですが、名言『今でしょ!』が生まれなかったら普通に一般人同士の結婚なのでそこまで追求しなくてもいいのかなっていう風には思います。
そんなお二人ですがいったいどのくらい稼いでいるのでしょうか?そこについても調べてみたので見ていきましょう!

林修と嫁の収入がすごい!いったいいくらもらっているの?

林修と裕子さん、とにかく高学歴で知名度が高く、知識も豊富となると相当な収入を得ていることでしょう!
林修さんは、本業の塾講師をはじめ都市タレント・作家としても大活躍しています。
塾講師においては、自分の得意であった数学をやめ人気のない現代文に変えたら一気に人気も上がっているとも聞いているので、生徒数もかなり多いはず。講師の中では一番もらっているのかと思います。でも、一般的に言うと平社員なのでそこを考えると決まった額しかもらっていないと思います。
塾講師の平均年収は常勤で5年勤務しても500万くらいだそうです。
やはり、そうなるとタレント業での稼ぎがすごいってことにもなります。1つの仕事でも、出演料が高いだろうし何せ出版もされているので印税での収入もあり、講演会の講師を依頼されれば1公演で100万円は超得てると思うので、年収で言ったら億を超えているかもしれませんね。裕子さんのほうは産婦人科なので一般的には1000万を超えるそう。勤続年数を重ねれば2000万以上にもなるといわれています。(地域差にもよりますが)
でも、現在は、研究員であるならば、年収は600~700万程度だそう。それでもすごく収入を得られているんだなってことが分かります。

スポンサーリンク

林修と嫁の間に子供がいるって?番組内で告白!

2018年3月8日に放送された日本テレビ系列の特集番組『グサッとアカデミア』にMCとして出演したときに、林修さんが自身に子供がいることを初めて告白した。ネット上では驚きの声が蔓延していました。
現在は3歳にもうじきなる男の子。おむつ替えやお風呂を入れたりなどの育児にはすごく積極的で「めちゃめちゃかわいい!」との子煩悩ぶりも見せていたとか。
教育法にも触れている面があって、
①新聞を見ているからと言ってその記事を読み聞かせてしまうとか。なんかかわいそうな感じもします。
②わからいことはすぐに教えずにその子が分かるまでそっとしておくという。
②に関してだけ言うと答えをすぐに教え、それだけが正しいと思ってしまい常識化されると修正がきかない場合とか、同じことでも違う人がやれば違う答えが返ってくる場合もあるので、その点においてはいい方法かもしれません。(PDCAに近いかな)が、しつけの部分になると一般常識でその子にそんなことも教えてないなんてという世間の笑いものになってしまわないかと少し不安になったりもします。親の品格が問われることにもなるかと思います。それにしても将来が楽しみです!!

林修の嫁が監視!大のギャンブル好きで過去に大量の借金経験?

成功を収めた林修さんですが、成功の裏には失敗がある!っていうのもまた世の常。(そうならない方もいますが)
大学卒業後は日本長期信用銀行に入行し、当時はバブル全盛期でそれは、いるだけでって感じのにおいが漂う中、林修さんは何かの社会的不安を感じわずか5か月で退社してしまいます。行員の5か月はもったいない。
その後、友人と投資会社やIT会社を起業してみるも失敗の連続。それだけならまだ借金といっても自己投資だけで、きれいに終わり、その後もクリーンに償却できたはず。でも、大のギャンブル好きで競馬や株取引に手を出して、無駄金を大量に使った結果、1800万円にも膨れ上がったそう。意外ですよね。
そんな過去もあり、裕子さんの厳しい眼下で金銭管理されているのも納得がいきます。

林修のプロフィールと今後の活躍

名前:林修(はやしおさむ)

出身地:愛知県名古屋市

生年月日:1965年9月2日

身長:175cm

出身高校:東海高等学校

最終学歴:東京大学法学部卒業

所属事務所:ワタナベエンターテインメント

独特な語りに教え方が上手な林修先生。現在も人気者としてその活躍の場が増えることも期待したいです。また、妻・裕子さんや子どももためにも良き夫・親であること。そして幸せいっぱいな家庭であることを祈っています。

林修の嫁についてのまとめ

林修の嫁・裕子さんについて今回は書いてみましたが、医術の研究者だとは思わず、驚きが隠せません。その研究内容が遺伝子系なのですごく優秀で何も言えない状態です。将来、画期的な研究内容を世に示していただき、身ごもった胎児の生命を守っていただきたいと切に願いたいばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする