見渡す限りの山に囲まれ育った長野県!そこを通る賑わいの町並みとは?

こんにちわ、旅をこよなく愛するノブです!今回は、隣接県が非常に多く東か

ら西までいろいろな賑わいを見せてきた長野県は信濃路から木曽路までいろんな

有名なところを紹介しちゃいます!自然派・歴史家・ほっと一息するリゾート地

までくまなく書いてみたいと思います。では、早速行ってみましょう!

信濃にいったらまずここへ!パワーだけが眠る最大のスポット諏訪大社

諏訪大社は諏訪湖周辺にある4つの社を中心とする神社である。

上社・本宮、上社・前宮、下社・春宮、下社・秋宮、それぞれに御利益があり4

つまわることによって気持ちをあげてくれます。

上社・本宮は、とにかくすごい!

糸魚川・静岡構造線という断層の真ん中に位置し、富士山と立山をむすび、

「龍穴」と呼ばれる自然のパワーが集合する場所

として日本最大のパワースポットとして観光客に愛されています。

長野の名城!国宝・松本城。その魅力に迫る

松本城は、小笠原一族の島立氏が深志城として建てたのが始まりという。

その後石川数正親子が五重六階建てで立直し、現存の形のままで残っていたため

国宝に制定される。

天守閣は閲覧料がかかるが、櫓と併設されているのは珍しい。

天守と櫓のは狭間と呼ばれる間接攻撃用の小窓見たいのが設置してある。除いて

外を見てみると楽しい!子どもなら楽しめそうです。

中山道・宿場町といったら木曽路!山間にまる妻籠宿の魅力とは?

日本橋から木曽路を通るルートで42番目に位置するここ妻籠宿。

本陣1・脇本陣1・旅籠31棟で構成されている。

行き交う人を旅の癒やしに役立った場所でもある。

現存されている旅籠は少ないが、木造の町並みには木の温かみに包まれて心を和

ませてくれるような情緒あふれる宿場町である。

旅籠の入り口なんかもどこか隠れ家的な雰囲気がたまりません!!

古くから農民から仰がれていた忍者の里・戸隠村!

戸隠山から裾野に広がる豊かな水は、そこに住む農民にとっては、仰がれ水の神

が住むところとしてあがめられていたこの土地は、修験者が849年に入り込み信

仰の土地とし栄えた戸隠神社。

名物はなんといっても蕎麦!一度食べたら忘れられない食感は是非味わってほし

いと思います。

また、お子さんたちにも人気な忍者の流派を持つ地域でもある。

避暑地として最適なリゾート地軽井沢!

実は、軽井沢は中山道18番目の宿場町である。

首都圏近郊にあるため、この地域にはたくさんの観光客が訪れる日本屈指のリ

ゾート地。

観光だけではなく、ショッピングもふんだんに楽しめる商業地区。

旧軽井沢銀座の通りでは、未だなおお買い物客がある中、駅前数年前で来た

アウトレットモールは大盛況である。観光帰りに立ち寄るのもよいと思います。

長野県のまとめ

大自然に囲まれ、人の集まる土地としていろいろな顔を持ってい

ることが、今回わかった用が気がします。

誰もが知っていそうな有名なところを紹介しているうちに、まだ

魅力が隠されているかというとさらに興味がわきます。

記事を読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする